顧問編集者
とは?

顧問編集者CHAPTER 1

経営者の言葉」で、
企業をブランディングする仕事です。

社長の隣に編集者を

CHAPTER 1-1

いま「社長の言葉」が求められています。

先の見えない時代になり、
経営に、働き方に、生き方に、誰しもが迷っています。

そんななか「社長の言葉」は、
進むべき方向を示す「灯台」になりうると思うのです。

トップの発信する力強い言葉には
企業の持つあらゆる課題を解決する力がある。
私たちは、そう信じています。

社員は目的を再確認し、進むべき方向がわかります。
失っていた「働きがい」を取り戻し、
社員一人ひとりの人生も輝き始めます。

ぜひ、社長ご自身の言葉で語ってください。

「社長の言葉」がより多くの人の心に届くよう、
私たちは「編集」でお手伝いさせていただきます。

WORDS

灯台が空間を照らしている

「伝えたい」だけでは
届かない

CHAPTER 1-2

「なぜ、うちの商品の魅力が伝わらないんだろう?」
「なぜ、うちはいい会社なのに採用に困るんだろう?」

そんなお悩みをよく聞きます。

それは「企業側が伝えたいこと」「消費者に響くこと」がズレているからだ、と私たちは考えます。

顧問編集者は、経営者の思いや考えをただ「言葉」にするだけではありません。

多くの人に届くように「コンテンツ」にまで仕上げます。

「伝えたい」と
「知りたい」をつなげる

CHAPTER 1-3

本の編集者の仕事は、「著者の言いたいこと」と「読者の知りたいこと」をつなげて、より多くの人に読まれる本をつくることです。

簡単に言えば、これを企業のブランディングに応用したのが顧問編集者です。

経営者の「言いたいこと」と顧客・社員・採用候補者の「知りたいこと」をつなげ、より多くの人に届く「コンテンツ」にするのが私たちの仕事なのです。

SHARE

顧問編集者は具体的に
何をするのか?

CHAPTER 2
株式会社WORDS

経営者の言葉がブランドになる

社長の隣に編集者を。